Log in | Home

69ERS BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVE DOCUMENT



2008/6/29@プリズン東京 前日リハから本番までのショートドキュメント動画。
スポンサーサイト

LIVE映像⑥―BABY MAYBE



BABY MAYBE
Lyrics&Music:YASUSHI ARATAKE /Arrange:69ERS

AH 社会不安 暗い世相 吹き飛ばすような恋は
君と僕が 出会った夜 突然 走り始めた
理由なんていらない 言葉はもう意味ない
今をふざけあって 未来 きっと虹を見るだろう
そして知るだろう 七色の魔法 試そう

恋をして 見つめあい 抱きしめて 求め合い
絵に描いた シナリオに 近づいていく二人 BABY MAYBE

AH 夜明けの月 手に入れるよ もしも望むのなら そう
君と僕に 出来ないこと なんて何もないはずさ
理由なんていらない 言葉はもう意味ない
今をふざけあって 未来 きっと虹を見るだろう
そして知るだろう 七色の魔法 試そう

恋をして 見つめあい 抱きしめて 求め合い
絵に描いた シナリオに 近づいていく二人 BABY MAYBE

LIVE映像⑤―EPILOGUE



EPILOGUE
Lyrics:スズキケンサク/Music:梅沢ヒデキ/Arrange:69ERS

灼けた素肌を 優しく撫でる夜風 終わりゆく夏の匂いがした
シャンパン片手に はしゃいでる仲間たち くるりと背を向け一人渚へ

遠ざかる歓声が 波音のメロディにかき消されてゆく

楽しすぎて 居心地よすぎて 時間がこのまま止まればいいと
願うけど 季節はさらりと 僕らを追い越してゆく

水面に映るオレンジ色の月 ゆらりと揺れては 波に砕け
足元照らす 鮮やかな火の華 ぽとりと落ちて 蒼い海辺

一瞬の静寂 ふと振り返れば やつらが呼んでいる

刹那だから いとおしくなる 同じ夏は二度と来ないけど
この気持ち 胸の印画紙に 色濃く焼きつけたい

楽しすぎて 居心地よすぎて 時間がこのまま止まればいいと
願うけど 季節はさらりと 僕らを追い越してゆく ・・・眩しい季節のエピローグ

LIVE映像④―こんな日はキミに逢いたい



こんな日はキミに逢いたい
Lyrics:スズキケンサク/Music:梅沢ヒデキ/Arrange:69ERS

昼下がりのカフェテラス ずり落ちたサングラス 
いつの間にか転寝してた
読みかけのミステリー 春風がイタズラ 
めくれてたラストに苦笑い

道横切る 小粋な白いプードル 
思わず微笑む そんなユルい午後
冷めかけのミルクティー ひとくちで飲み干し 
流れてく雲を見上げた

ふいに思う こんな心地いい今 
空の向こうのキミは何しているんだろう?
いるんだろう? WILL YOU BE ALONE?

離れている季節が教えてくれたこと 
やっぱりね キミが大好き

こんな日はキミに逢いたい

LIVE映像③―KEEP BOTTLE~FAKE



KEEP BOTTLE (※1番のみ)
Lyrics:みどり~ぬ/Music:梅沢ヒデキ/Arrange:69ERS

暗い部屋 今日も待つ コレクション 棚の奥
夜明けの光に 何があるの? 早く迎えに来て
居場所なら ここにない 知らん振り させはしない
夜更けの明かりに強さはあるの? 毎晩会いたいわ
出逢った頃は楽しかった 貴方の名前 刻み付けて
揺らめいた時は色あせて 静寂の月 同化してゆく


FAKE (※1番のみ)
Lyrics:スズキケンサク/Music:梅沢ヒデキ/Arrange:69ERS

マガジンを読み捨てるように とっかえひっかえ好き放題
付け焼刃のフェロモンで あっちもこっちも品定め
媚びた視線 上辺だけのマドンナ達よ
情報操作に右往左往 シラけちまうゼ
FAKEなMAKEなんて ベッドの上で萎えるだけ
結局 誰かが敷いたレールの上を 歩いてるマネキン

LIVE映像②―STRAY DOGS



STRAY DOGS
Lyrics:スズキケンサク/Music:梅沢ヒデキ/Arrange:69ERS

夜のSTREET オイラのSTAGE 
キリリCOOLにキメた BLACK LEATHERで
子猫チャンたちの瞳 5秒でKNOCK OUT!

ツレはマッチョが売りの はみだしJOHNNY
二人 徒党を組めば無敵のSTINGERS
メシも食ったし探すぜ 今宵のDESSERT

ホラホラ 見つけた GLAMOROUSなFUNKY BAYBIES
いつもの作戦さ クルリと挟み撃ち

いくぜ!JOHNNY 軽いSTEPで百戦錬磨のパス回し
時間はさしていらないさ すぐにGO TO HEAVEN

薔薇とワインの夜に酔いしれてると
店に轟く怒号 イカついGANGが
「俺のオンナに手を出したヤツは誰だ!?」

アラアラ こりゃヤベェ 地雷を踏んじまったようだ
不意打ちのONE PUNCH 意識が朦朧だ

頼むよ!JOHNNY お前が頼り!…なんて願うまもなく
見掛け倒しのデクノボウ 二人でGO TO HELL

やっぱり俺たち いつだってハンパなカッコマン
それでも明日もSTREET 懲りないSTRAY DOGS

LIVE映像①―SHINING SUMMER



SHINING SUMMER
Lyrics:みどり~ぬ/Music:梅沢ヒデキ/Arrange:69ERS

「聞いているの?」と唇尖らせ ご機嫌斜めな裸足のマーメイド
渚 吹き抜ける風 時間が一瞬、止まっていたよ

「ゴメン!」と謝る僕の腕を 「許さない」って軽くつねり
お詫びのKISSをねだる 子猫みたいで憎めないやつ

SHINE BEACH SIDE 夏の欠片 反射して君を輝かせれば
眩しい 見とれちまう 太陽より熱いトキメキ

「I LOVE YOU」って耳にささやく 照れたCHEEKがナチュラルメイク
甘い君の横顔 理性の壁が崩れちゃうんじゃない??

SPLASH IN THE SEA 青の眩暈 解き放つ鼓動抱きしめ合えば
素肌でBODY TALK 君の海にも飛び込みたい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。